乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4危険物 模擬試験 eラーニングお試し版は1回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、有料会員にご登録ください。(100日間1,000円)

法令

問題1法令上、製造所等の位置、構造及び設備の技術上の基準、又は取扱所の区分において、タンクの容量と指定数量の倍数が定められているが、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第3種の消火設備に該当しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、危険物の運搬の技術上の基準において、灯油10Lを収納するポリエチレン製の運搬容器の外部に行う表示として定められていないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題4法に定める危険物の説明について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5アルコール類については法別表第1備考において、組成等を勘案して規則で定めるものを除くとされている。次の文のA~Bに当てはまる語句の組み合わせはどれか。
「アルコール類から除かれるものは、1分子を構成する炭素の原子の数が(A)までの飽和1価アルコールの含有量が(B)未満の水溶液である。」
選択肢




回答欄
問題6法令上、次の危険物を同一場所で貯蔵する場合、指定数量の倍数が最も大きくなる組合せはどれか。
選択肢




回答欄
問題7法令上、危険物取扱者について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、危険物保安監督者に関する記述について、次のA~Dのうち、正しいものの組合せはどれか。
A.選任の要件である6か月以上の実務経験は、製造所等におけるものに限定されない。
B.危険物保安監督者を選任又は解任した場合は、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。
C.製造所等において取り扱う危険物が指定数量未満であれば、甲種又は乙種危険物取扱者の立会いがなくても、誰でも危険物を取り扱うことができる。
D.危険物施設保安員を置かなくてもよい製造所等の危険物保安監督者は、規則で定める危険物施設保安員の業務を行わなければならない。
選択肢




回答欄
問題9法令上、灯油、軽油を貯蔵している3基の屋外貯蔵タンクで、それぞれの容量が10,000L、30,000L、60,000Lのものを同一敷地内に隣接して設置し、この3基が共用の防油堤を造る場合、この防油堤の最低限必要な容量として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題10法令上、地下タンクを有する給油取扱所(自家用給油取扱所は除く。)の所有者等に義務づけられているものは、次のA~Eのうちいくつあるか。
A.危険物保安監督者の選任
B.危険物施設保安員の選任
C.予防規程の作成
D.定期点検の実施
E.自衛消防組織の設置
選択肢




回答欄
問題11法令上、移動タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、特例基準が適用されるものを除く。
選択肢




回答欄
問題12法令上、危険物の移送について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13危険物の貯蔵及び取扱いについて、法令上、危険物の類ごとに共通する技術上の基準が定められている。その基準において、「水との接触を避けること」と定められているのものは、次のA~Eのうちいくつあるか。
A.第1類のアルカリ金属の過酸化物
B.第2類の鉄粉、金属粉及びマグネシウム
C.第3類の黄りん
D.第4類の危険物
E.第5類の危険物
選択肢




回答欄
問題14法令上、同一の貯蔵所において、次の危険物を同時に貯蔵する場合、貯蔵量は指定数量の何倍か。
・軽油…3,000L
・ガソリン…1,000L
・エタノール…2,000L
選択肢




回答欄
問題15法令上、運搬容器の外部に行う表示として、定められていないものは次のうちどれか。ただし、特例により表示されるものを除く。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16次の文から、引火点および燃焼範囲の下限界の数値として考えられる組合せはどれか。
「ある引火性液体は、液温40℃で液面付近に濃度8vol%の可燃性蒸気を発生した。この状態でマッチの火を近づけたところ引火した。」
選択肢




回答欄
問題17危険物の性状について、燃焼のしやすさに直接関係ない事項は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題18二酸化炭素について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19金属は塩酸に溶けて水素を発生するものが多いが、次のうち、塩酸に溶けないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題20液体危険物が静電気を帯電しやすい条件について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題21燃焼の3要素の可燃物または酸素供給源に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題22次の金属のうち、イオン化傾向が最も大きいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23鋼製の危険物配管を埋設する場合、最も腐食が起こりにくいものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題24水36.0gが完全に水素と酸素に分解した場合、水素分子の数は(A)×1023個である。Aに当てはまる数値は次のうちどれか。ただし、水素の原子量を1.0、酸素の原子量を16.0、アボガドロ定数を6.02×1023/moLとする。
選択肢




回答欄
問題25熱伝導率がもっとも小さいものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26次の危険物のうち、ぼろ布等の繊維に染み込ませて放置すると、状況によって自然発火を起こす可能性のあるものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27灯油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29次の事故事例を教訓とした今後の対策として、不適切なものはどれか。
「移動タンク貯蔵所の運転者が、地下1階にある屋内タンク貯蔵所(容量1,400L?)に1,000Lの軽油を注入すべきところ、誤って1,400Lの軽油を注入したため、タンク容量を超え、通気管から漏油させた。」
選択肢




回答欄
問題30容器またタンクに危険物を収納する場合、可燃性蒸気の発生を抑制するため、液面に水を張って貯蔵する危険物は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題31第4類の危険物の一般的な火災の危険性について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32第4類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34泡消火剤の中には水溶性液体用の泡消火剤とその他一般の泡消火剤がある。次の危険物の火災を消火しようとする場合、一般の泡消火剤では適切ではないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35自動車ガソリンの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄