乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4危険物 模擬試験 eラーニングお試し版は1回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、有料会員にご登録ください。(100日間1,000円)

法令

問題1法令上、危険物に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、免状の交付、書換え又は再交付の手続きについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法に定める危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、製造所等に設置する第3種の消火設備について、次のA~Dのうち、正しいものの組合せはどれか。
A.粉末消火設備
B.水噴霧消火設備
C.スプリンクラー設備
D.消火粉末を放射する消火器
選択肢




回答欄
問題5法令上、製造所等の定期点検について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、規則で定める漏れの点検及び固定式の泡消火設備に関する点検を除く。
選択肢




回答欄
問題6法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題7法令上、次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。「製造所等(移送取扱所を除く。)を設置するためには、消防本部及び消防署を置く市町村の区域では当該(A)、その他の区域では当該区域を管轄する(B)の許可を受けなければならない。また、工事完了後には許可内容どおり設置されているかどうか(C)を受けなければならない。」
選択肢




回答欄
問題8法令上、製造所等に設置しなければならない警報設備に該当するものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、軽油を貯蔵し、又は取り扱う屋外貯蔵所の位置、構造又は設備の技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題10法令上、製造所等に設ける標識、掲示板について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、製造所等を仮使用しようとする場合の申請内容として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、製造所等の位置、構造及び設備の技術上の基準、又は取扱所の区分において、タンクの容量と指定数量の倍数が定められているが、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法令上、危険物保安監督者及び危険物施設保安員に関する説明について、次のA~Dのうち誤っているものの組合せはどれか。
A.6か月以上の危険物の取扱いの実務経験を有する乙種危険物取扱者は、危険物保安監督者として定められることができる。
B.1年以上の危険物取扱いの実務経験を有する丙種危険物取扱者は、危険物保安監督者として定められることができる。
C.危険物施設保安員として定められるには、甲種、乙種又は丙種危険物取扱者のいずれかでなければならない。
D.危険物保安監督者は、危険物施設保安員を置く必要がない製造所等にあっては、危険物施設保安員の業務も行うこととされている。
選択肢




回答欄
問題15法令上、簡易タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16水素について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17次の下限値、上限値を有する可燃物の燃焼範囲(爆発範囲)の説明で、正しいものはどれか。
・燃焼下限値:2vol%
・燃焼上限値:8vol%
選択肢




回答欄
問題18鉄の腐食について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19動植物油の自然発火について、次の文の(?)内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「動植物油の自然発火は、油が空気中で(A)され、この反応で発生した熱が蓄積されて発火点に達すると起こる。自然発火は、一般に乾きやすい油ほど(B)、この乾きやすさを、油脂(C)が吸収するヨウ素のグラム数で表したものをヨウ素価という。」
選択肢




回答欄
問題20次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「反応の前後でそれ自身は変化せず、反応速度を変化させる物質を(A)という。例えば、過酸化水素水に少量の二酸化マンガンを加えると、活性化エネルギーが(B)なり、過酸化水素の分解反応の速度が(C)なる。」
選択肢




回答欄
問題21静電気に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題22沸点と蒸気圧について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23次の性状を有する引火性液体についての説明として正しいものはどれか。
・沸点:78.3℃
・引火点:12.8℃
・燃焼範囲:3.3~19vol%
・発火点:363℃
・液体の比重:0.78
・蒸気比重:1.6
選択肢




回答欄
問題24次の物質の組合せのうち、単体、化合物および混合物の3種類に分類した場合、混合物のみのものはどれか。
選択肢




回答欄
問題25金属は塩酸に溶けて水素を発生するものが多いが、次のうち、塩酸に溶けないものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26次に掲げた危険物のうち、両方とも水に溶けないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27灯油、軽油および重油について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28トルエンの性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29第1類から第6類の危険物の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30第4類の危険物の火災における消火方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31ベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32動植物油類の自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33灯油を貯蔵し、取り扱うときの注意事項として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34危険物とその火災に適応する消火器との組合せとして、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35静電気により引火するおそれのある危険物を取り扱う場合の火災予防対策として、次のA~Dのうち正しいものの組合せはどれか。
A.作業者は、絶縁性の高い手袋や靴を着用する。
B.危険物を取り扱う機器を接地する。
C.取り扱う危険物の流速を大きくして、短時間で作業を終わらせる。
D.床への散水等により湿度を高める。
選択肢




回答欄